FC2ブログ

青空ノオト -le son du ciel bleu-

 
29
 
_1224047709.jpg
両親や工事に携わってくださる方々に参列いただいて、9月27日(土)、地鎮祭を済ませました。
(写真はそれぞれの顔が写っていますので、あしからず加工しての掲載です)

この日の前日は雷を伴う雨が降り、お天気がどうなることかとはらはらしましたが、当日は朝からスカーン!とした青空がまぶしい、秋晴れの良い日和となりました。
参列してくださった皆さん、お忙しい中をありがとうございました。


さて、その地鎮祭です。
たくさんお金を持っていて一生のうちに何軒もの家を建てることが可能だとか、建築関係の仕事に就いているだとか。そんなことでもない限り、地鎮祭をするのは一生に1度か、多くても2度程度ではないでしょうか。たぶん私達は今回が最初で最後だと思います。
ですから、手配からしてどうしたらいいの~???状態で。
まず、どこにお願いしに行けばいいのやら・・から 準備をどうしたらいいのかとか費用はどのくらいかかるのかとか。わからないことだらけです。
(大手のハウスメーカーさんなどで家を建てる場合は、お任せしてしまえば何から何まで滞りなく手配してもらえるらしいのですが、私たちの場合はハウスメーカーの家ではないので、自分たちで手配しました)

わからないなりにも必至になってわかりそうな人に相談すれば、ますは神主さんにお願いすべきでしょう、と。
え、神主さん?じゃあ神主さんにはどこに行けば会えるの~?・・という初歩の初歩から手探りしていきました。
最終的には浜松の中でも大きな神社さんに出向いていき、そこで日程を相談し、候補として9月27日(土・大安)または10月1日(水・大安)を挙げていただきました。そうしてから、参列していただける予定の皆さんに連絡を取り、9月27日に決めました。
費用については、神社さんの方で一定額の金額設定がなされていましたのでそれでお願いしました。

ただ、それを渡すタイミングだとか・・細かいことでわからないことがちらほらあります。たぶん神社さんに問い合わせれば教えていただけたとは思いますが、なんとなく聞き難い・・・。
そこでそんな時こそネットの出番です!検索してヒットした中にとても詳しく説明してくださっているところがありました。
  地鎮祭をしよう→ http://jichinsai.net/
地鎮祭のハテナが詳しく説明されていて、大変助かりました。

こうしてまずは地鎮祭をクリアしました。
しかし地鎮祭ひとつをとってもこのようにわからないことだらけで・・。本当に家作りってたいへんです・・

_1224047710.jpg


-----

(備忘録)
地鎮祭は午前中(午前9時・10時といった時間帯)に行えればよかったのだけど、神社に出向いて相談した段階で(約2週間前)、良日の午前中はすでに予約でいっぱいでした。
(朝8時半でもよければできますがと言われましたが、さすがに8時半は早すぎでしょう・・)
そのためこの日は午後2時にお願いすることに。
ダンナさんの両親は同県内ですが少し離れたところに住んでいるので、お昼前にこちらに来てもらい、ダンナさん両親・私の両親・私達の6名で席を予約しておき、食事を済ませてから午後1時半頃現地に着くようにしました。
地鎮祭自体は30分程度。
神主さんと巫女さんが2人で来てくださり、馴れた手つきで手際よく笹を立てたりして準備を進めてくれました。(お供えのりんご、かぼちゃ、人参、大根、お神酒、お塩なども全て神社側で用意してくださってました)
こちらで用意したのは玉串料のみ。

システム化されてるのは些か味気なさも感じるところかもしれないけれど、現代人としては段取りも金額も、明瞭に提示してもらえるのはありがたいものです。
とにかく、滞りなく地鎮祭を済ませることができてよかったです。
スポンサーサイト



    08:21 | Top
カレンダー
11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
カテゴリ
プロフィール

coco

Author:coco
■l'Atelier de foyuというブランド名で作家活動をしています。布モノ、編み物、刺しゅうなどなど。詳しくはHPをご覧ください。
■おうちを建てることになったため、その記録をブログに綴ることにしました。
■ブログ内のコメント・トラックバックは閉じています。お便りはHP経由でお願いします。
■当Blogの記事・写真等の、無断転載・模倣・使用を禁じます。

Link