FC2ブログ

青空ノオト -le son du ciel bleu-

 
22
 
そろそろ擁壁工事も佳境といったところでしょうか。
では、16日以降の様子を一気にアップします。

-----

aozora081017.jpg
16日(木)は行けなかったのですが、たぶん縦部分の板組みがされたのだと思います。
17日(金)に行くと、そこにコンクリが入り、表面部分を丁寧に整えるという作業をしている最中でした。
この日は気温が少し低く、そのためコンクリがなかなか乾いてくれないとかで、私が行った時間(夕方遅く。5時少し前くらい)もまだ作業をしてくれていました。
なので少し話をさせてもらったのですが、コンクリは乾く直前に均すときれいに整うのだそうです。へええ~~~!そうなんだーー!
それがこの日は気温が低いためになかなか乾いてくれなくて、すでに日も暮れはじめてあと数十分もすれば暗くなってしまう、という時間なのに作業が終わらない、という状態だったのでした。
あまり長居して気を散らさせてしまっては・・と思ったので、後は本職の皆さんにお任せしますと退散しました。


そして。
18日(土)はまた行けなかったので、19日(日)の様子。
aozora081019.jpg
板はまだそのままでしたが、Lの底部分に配管が用意されていました。

そして奥の擁壁は底が見えなくなるまで土が入ってました。おおー。
aozora081019_3.jpg

さらに、三角になってる部分にはその裏側から配管が入り、
aozora081019_2.jpg

壁の上から下へ向けてこんなふうに配管がセットされていました。
aozora081019_1.jpg
この配管は最終的に見えないように仕上げてもらうので、ここにこんな風に配管が通るのだな、と目視できるのはこれが最初で最後になります。

-----

さて。また日が変わりまして。
20日に見に行くと・・・板がはずされていてお隣との境の壁がお目見えしてました。
aozora081020.jpg
ところでこの壁ですが。これ、手前が斜めになってるでしょう?
これね、この斜めに仕上げるというの、実は「市の規定」なんですよーー!
実はこの土地は浜松市の「風致地区」という、景観を重視した指定地域なのです。
なので、いろいろと・・そりゃ~~いろいろと、「え、何でそんなことまで指図されなくちゃ、縛られなくちゃならないの!?」という不本意極まりない決まり事がいくつもあるのです・・。
ある意味、まわりのお宅もきれいに整備されているので住み心地は良いのでしょうが(住んでみないとわからない部分でもありますが)、しかしあまりに縛られるとムキーッ!となってしまいますよ・・。
しかしひとつひとつに苛立っていたら進みません。
ということで、規定に添ってこのようになりました。やれやれ・・。

aozora081020_1.jpg
そして、前日の三角部分の配管は、目立たないようにコンクリ内に収めるべく、三角にコンクリが流し込まれていました。

-----

さてまた日が変わり。
21日はまた行くことができなかったため、22日(水)の様子です。
もう擁壁工事は完全に終わり、土盛り作業に移っているようです。
aozora081022.jpg
aozora081022_4.jpg
壁の高さまで土が入っていました。もうこれで前回まで見えていた配管もすべて土の中。

aozora081022_1.jpg
奥の茶畑との境もきれいになっています。
工事中外されていたU字側溝と柵板がもとのように設置されていました。

aozora081022_2.jpg
三角部分もコンクリを止めてた板が取り外され、きれいな仕上がりです。

そして・・・
aozora081022_3.jpg
家の基礎がここになるのだな・・という部分の土が四角く削られていました。
こんな様子を見ると、いよいよカウントダウンがはじまった、と実感します。ドキドキドキ・・。

スポンサーサイト



    21:55 | Top
カレンダー
01 | 2020/02 | 03
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
カテゴリ
プロフィール

coco

Author:coco
■l'Atelier de foyuというブランド名で作家活動をしています。布モノ、編み物、刺しゅうなどなど。詳しくはHPをご覧ください。
■おうちを建てることになったため、その記録をブログに綴ることにしました。
■ブログ内のコメント・トラックバックは閉じています。お便りはHP経由でお願いします。
■当Blogの記事・写真等の、無断転載・模倣・使用を禁じます。

Link