FC2ブログ

青空ノオト -le son du ciel bleu-

 
08
 
(5/10 08:55記)-----

先日予告しました内覧会の日時が決定しました。
外溝と外壁はまだこれから手を入れますので未完成な状態なのですけど、中は見ていただけますので、ご都合がつきましたらどうぞ。

5月14日(木)・15日(金) 10:00~17:00

駐車場は家の前に3台留められるスペースがあります。ご協力よろしくお願いいたします。
当日は担当者がおりますし、たぶん私も居たりするかも?です。お気軽にお声をかけてくださいね。
お問い合わせ窓口は廣-hiro-さん(TEL 053-462-7071)です。よろしくお願いします。

場所ですが、浜松市の佐鳴湖西岸、大平台になります。
行き方については、→のLink内にあるFoyuのHPの方で自作地図とYahoo!地図の両方で記載しています。お手数ですがそちらをご覧ください。

aozora_image4.jpg
仕事部屋内にミニキッチンがあったりします。








(5/8 19:33記)-----

記事は3月末のところまでしか進んでおりませんが、4月を超えて5月8日現在、お家は完成間近です。
そこで、内覧会を予定していますことをお知らせいたします。

ただ、日時につきましては、現在調整中です。
それでも5月中旬にはやりたい、という話で進んでいます。
中旬と言ったら・・もうすぐ目の前です!1週間後くらいの話です。

日時が決まりましたら改めてお知らせさせていただきますね。

aozora_image1.jpg
aozora_image2.jpg
aozora_image3.jpg
現在の内部の様子。
上から
オープンキッチン
TVボードとアイアンの手摺り
アンティークのドアノブを使ったドア









スポンサーサイト



    19:33 | Top
 
06
 
3月28日(土)

前回の、外観の変化(窓の木枠)の取り付けはまだ一部だけなのでした。
玄関のある東面はこのくらいまでしか進んでいません。
aozora090328_1.jpg

この先、外装は内装と並行して行われていくのでしょう。
ということで、今まで準備がなされていた内装にいよいよ着手です。

実は前日の27日に様子を見に行った時、すでに天井が塗られ始めていました。
が、夕方遅くだったのでどうも写真を撮らなかった・・らしい。(曖昧な記憶・・。でもデータがないので撮らなかったんだろうな)
この日はその続きからK氏が黙々と塗ってくれていました。

壁や天井の仕上げと言えば、壁紙が一般的かな。あとは板張りだとか砂壁だとか、ボードというのもありますね。最近は珪藻土や漆喰などの塗り壁も多いですけど。
海外ですとペンキ塗りというのも多く見かけるので(よくペンキの色を変えることでお部屋のイメージを一新しますよね)、ペンキ塗りの壁もいいよね、と打ち合わせの段階から時々口にしていたのだけど日本ではあまり一般的ではないのかK氏やH氏から反応がなく・・(おかしいなぁ・・)。
結果、我が家の壁は、洗面所などの水周りを除いて全て塗り壁にしました。コストはかかりますが、壁紙は好きじゃなくて・・。
そして天井や塗りにくい(技術が要る)ところ以外は全て自分たちで塗ることにしました。これはコストを抑えるためということもありますが、実はやりたかったからというのが大きいんですけど(笑)。
しかし、壁塗りは自分たちでやる、と言ったら周りからはおおよそ好反応でしたが、一部からは「そんな大変なこと、プロに任せればいいのに・・」と返ってきました。考え方はさまざまですね。

さて、その塗り壁ですが。
このお家の壁に使うものは、K氏お勧めの「健康塗り壁」というものにしました。憧れの珪藻土は一部のお部屋のみに使用します。なぜならコストがかかるから・・・。
健康塗り壁は、珪藻土に比べると仕上がりがなめらかでちょっと優等生な感じなんですが、コストが安くすむということでした(珪藻土と比べて、です)。何より名称に「健康」と入れるくらい、体にいいらしい。(調湿効果がある、マイナスイオンを出す、臭いを吸着分解する)

そんなわけで内装は、天井を含む壁面の90%近くは健康塗り壁、残りの10%のうちの8%くらいが珪藻土、残りが壁紙という配分になりました。


前置きが長くなりましたが、塗り作業です。
aozora090328_2.jpg
まずは高いところから、ということで天井塗りです。
てっきり職人さんが入るものと思ったらK氏が担当でした。Kさんって何でもできてしまうんです、ビックリです。いやはや凄い人だー!
私はと言えば、下から見上げながら、Kさん、首や肩は大丈夫だろうか・・と心配になりましたが、しかしだからといって塗らないわけにもいかないので・・。なので自分に与えられた別の作業をしつつ感謝の気持ちをこめて心の中で応援エールを呟いていました。

途切れていないスペースは一気に仕上げてしまわないといけないらしく。つまり天井は2日間で塗りあげるそうです。
前日のうちに半分が終わっていたので、この日は残り半分を塗りあげます。
aozora090328_3.jpg
後少しで終わりそうなところまで進んでいますが、このあたりでちょうどお昼でした。
が、「僕は塗りあげてからお昼にするので先にお昼にしてくれていいですよ」と・・。
すみません、お先にお昼いただきます・・。

そうしてこの日、天井の塗装が完成しました。
じゃじゃーーん!
aozora090328_4.jpg
壮観です!


この日の変化と言えば、もう一つ。
aozora090328_5.jpg
キッチンのコンロが設置されるあたりにこんな器具が現われてました・・・。
とぼけた顔にしか見えません。なんだろう、これ??
(後日確認したところ、IHの電源ということでした。)


-----


3月29日(日)

いよいよ私達も塗り作業開始です!
私は前日のうちに、普段目につかない位置の小さなスペースであらかじめレクチャー受けましたが、ダンナさんはこの日初めてです。
しかしいくら前日に教えてもらったからと言っても私が教えるのは不安・・ということで、日曜日なので少ししか時間が取れないということでしたが、K氏に来てもらってダンナさんにもレクチャーをお願いしました。

そのとき塗ったのがこの面。
aozora090329_3.jpg
クローゼットの内側。ここなら失敗しても自分たちしか見ない部分なので安心。

K氏はと言えば、30分くらい様子を見てくれてから帰りましたが、その30分の間に玄関ドアにクローザーを取り付けてくれてました。
aozora090329_4.jpg
実は今までクローザーがついてなかったので風が強いとドアを持って行かれちゃって大変だったのでした。これで安心です。

K氏が帰った後は・・ただひたすら塗る、塗る、塗る。黙々と塗るのです。
aozora090329_1.jpg

aozora090329_2.jpg
2人で塗ったら予定よりも沢山塗れました!
しかし日が陰ってくると塗り壁の凸凹が見えなくなるので、無理して進めずにこの日は終了です。


-----


3月31日(火)

ダンナさんが壁塗りできるのは会社がお休みの週末のみ。平日は私一人で塗り進めるしかありません。ということでこの日から一人での塗り作業開始です。
しかし小さめのスペースがほとんどなくなってしまったので、この日から広い面・・。
どぉ~んと立ちふさがる(ように感じる)壁を前にして少し怯みましたが・・でも塗らねば進まないし終わらないので、いざ!
aozora090331_2.jpg

aozora090331_1.jpg
塗り壁材を継ぎ足し継ぎ足し・・

まだ塗るのが早くないので時間がかかるんです。
たぶんこの面を塗りあげるのに3時間くらいかな、と予測したとおり、約3時間強かかりました。

aozora090331_3.jpg
完成です!
やった~!という達成感と疲れがどどっと押し寄せてきました。


この日から私の疲労は溜まるばかり、という日々です。
なにしろ左手はコテ板をずっと支えているので二の腕から肩にかけてコチコチ、右手は慣れないコテ作業に筋肉痛。しかも壁塗り作業は立ったり座ったり脚立に乗ったりすることになるので足腰もだるい。
その上、一旦塗り作業にかかると3~4時間は集中することになるので集中することによる疲労が・・。
塗り終えてアパートに帰り着くまでは事故しないようにと運転にも集中することになるので、アパートのドアを開けて部屋に入るとヘナヘナと座り込んでしまうほどです。バンゴハンはお弁当やお惣菜で済ませる日々。とてもじゃないけど料理を作り気も起きません。
これから壁塗りをしようと思っている方は、覚悟して取り組むことをおススメします。ええ。









    03:42 | Top
 
04
 
3月26日(木)

この日行くと、外観に明らかな変化がありました。

aozora090326_4.jpg
窓の外側に木の枠が取り付けられてるのがわかりますか?
これは数日前にウグイスの鳴き声をBGMに塗っていたものです。それがこうして取り付けられたわけですね。感動!!

aozora090326_3.jpg
玄関ドアの周りにも枠が取り付けられてます。
さらに少し高い位置だったポーチも10cmくらい下げられてました。うん、この方がいいね。

aozora090326_1.jpg
よくよく見て回ると、おや、換気扇もカバーがついてました。

aozora090326_2.jpg
さらに、以前チェックしたグレーのコードが2本に増えてました。・・何で増えたんだろう??
(このコードはやはり電気の線でした。たぶん、この位置に電気メーターが取り付けられるんだと思います)

中に入ると、ここにも変化が!
aozora090326_5.jpg
レンジフードが取り付けられてました。
実はレンジフードは憧れの形のものがあったのですけど、キッチンが勾配天井ということもあって取り付けが難しいということと、価格面でもびっくりするほど高かったりで、このシンプルな箱型のものになりました。

aozora090326_6.jpg
1階のトイレ。
こちらも2階と同様に水洗の取り付けのための準備が始まってました。
トイレは1階も2階もほぼ同じなんですが、壁のすじかいの入り方の関係で水洗の位置が違うんです。

そしてかわいいものが出現してました。
aozora090326_7.jpg
古い建具を使った小窓です。やったー!

本当は、できることなら家の窓は一部だけでも昔の模様ガラスだとかを使いたかったんですが、外張り断熱な構造のため窓ガラスは全てペアガラスになりました。でないとせっかくの外張り断熱の効果が半減してしまうんですって。それに防犯面などでもペアガラスがいいようで・・。
しかし諦めきれない「かわいいガラスを使ったかわいい小窓」。
そこで家の中の、部屋と部屋との間に使うことにしました。我ながらこれを思いついたときはナイスアイデア!と思ったものです。
それを打ち合わせの時に伝えたらH氏が乗ってくれて、K氏も外回りに使うのでないなら、とOKを出してくれて。こうしていよいよ形になってきたというわけです。
ちなみにこの古い建具はH氏が手に入れたものを提供してくださいました。ありがとう、Hさん!









    00:33 | Top
 
03
 
3月21日(土)

行く度にじわじわと進んでいるんですが、写真で見ると変化が目立ちにくく・・。
もちろんこの日も内装準備が進んでいました。

aozora090321_1.jpg
窓の角出しだとかマスキングも着々と。

そういえば、しばらく外回りの写真がなかったかもと思い、家の周囲をぐるりと見て回る。
aozora090321_2.jpg
すると・・
たぶん、以前からあったと思うのだけど意識して撮ってなかったものを発見。
電気関係のコードですね、伸びてます。

aozora090321_3.jpg
ここも。


-----


3月24日(火)

この日もじわじわ。

aozora090324_2.jpg
パテ塗りは、塗り忘れがないようにしなくては、なのです。
(後から1つ2つと塗り残しが見つかることがあるんだけど、1つのためにパテを用意するのは面倒くさいものなのです・・ ←経験済み)

aozora090324_1.jpg
階段もパテ塗りが進んでますよ。









    22:02 | Top
カレンダー
04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
カテゴリ
プロフィール

coco

Author:coco
■l'Atelier de foyuというブランド名で作家活動をしています。布モノ、編み物、刺しゅうなどなど。詳しくはHPをご覧ください。
■おうちを建てることになったため、その記録をブログに綴ることにしました。
■ブログ内のコメント・トラックバックは閉じています。お便りはHP経由でお願いします。
■当Blogの記事・写真等の、無断転載・模倣・使用を禁じます。

Link