FC2ブログ

青空ノオト -le son du ciel bleu-

 
27
 
2月6日(金)

この日行くと、床が貼られたところはそのほとんどが養生マットで覆われていました。
aozora090206_1.jpg

他を見てみると・・

aozora090206_2.jpg
この部屋は壁が貼られる準備が始まってました。

aozora090206_4.jpg
ここには片開枠と書かれたダンボールが立てかけてある。
ふむ、トイレともう一部屋のドア枠らしい。

aozora090206_3.jpg
あそこには何やら新たな荷物が届いてる。


外に出てみれば。

aozora090206_5.jpg
おおー。屋根が!屋根の裏側が出来上がってるー!
それにしても分厚い屋根でございます(笑)。



-----


2月8日(日)

またまたお休みのダンナさんと現場入り。
ところが、この日は棟梁も大工さんもいたのでビックリでした。
今まで日曜日はお休みされてたので、この日も誰もいないつもりで行ったのですが。
お休みの日までご苦労様です。ありがとうございます。

忙しそうに作業されてる傍らをすり抜け、邪魔にならないように見て回ります。
すると・・

aozora090208_2.jpg
お、おお!?
こ、これは1階の床材では!?
実は床材は2種類使っているんです。
1階の一部だけですけども、かなりいい感じの床材です。

見ればその床材も少しずつ貼られ始めてました。
aozora090208_1.jpg

床材に感動しつつ、他の部屋も見て回ります。
すると、あっちの部屋こっちの部屋と、壁が貼られはじめてました。

aozora090208_3.jpg
角から貼るんですね。

aozora090208_5.jpg
ここの面は終わってる。

aozora090208_7.jpg
ここも少しずつ始まってる。

aozora090208_6.jpg
高いところをありがとうございますー。


窓枠も少しずつ手が入り始めてました。
aozora090208_8.jpg
スポンサーサイト



    15:29 | Top
 
26
 
2月1日(日)

お休みのダンナさんと現場へ。
すると・・

わわわ、床が貼られ始めてる~!
aozora090201_1.jpg

他も見て回ると・・

aozora090201_2.jpg

aozora090201_4.jpg
わわわ、壁が貼られ始めてる~~!

おーー、なんだか数日来なかった間に随分進んでいてビックリでした。

-----

(おまけ)
現場はまだ階段がないので2階に上がるにはハシゴで上がります。
最初の頃はグラグラするハシゴにおっかなびっくりだったのだけど、今ではさっと登れるようになりました。
慣れるものだなぁ。
aozora090201_3.jpg



-----


2月3日(火)

H氏と打ち合わせがあったので現場へ行くと、床がだいぶ進んでました。
aozora090203_1.jpg
よく見ると接着してます。接着するなんて知らなかったー。

aozora090203_2.jpg
こっちの部屋の床も80%くらい貼られてました。

ところで、この日の現場にはK氏も来ていたのですが、なにやら窓枠近くにモコモコしたスプレーを吹き付けてました。
aozora090203_4.jpg
何ですか、それは??と聞いてみたところ、
断熱材の隙間を埋めてるんです、とのこと。ウレタンって言ってたかな(記憶があいまい・・)。
確かに、断熱材を隙間なく貼ってあったけれど、内側から見ると外の光が入るところがあって、ということは隙間があるんだよね、と気付いてはいたんです。でもこんなものなのかな・・と気にしないようにしてたんです。
それを今、この段階できちんと補修してくださってるわけですね。
そうだったのかー、さすがプロですね。細かいところまで手を抜かない丁寧な仕事に感激です。

そんな話を聞いている時、運送会社の方が荷物を届けにきました。
結構な大きさの箱をいくつも運び込んでいます。
手伝おうと思ったけど、お、重っっ!重くて持ち上がりませんでした。。
aozora090203_3.jpg
K氏が対応してたので、何が届いたんですか?と聞くと「階段の材木です」って!
え、もう階段がつくのー?と聞くと、いや、まだもうちょっと後です、って。
そうかーー、でもまだ後とはいえ、じきでしょうね。階段、楽しみです。

-----

(おまけ)
床をやってるからでしょう、とある部屋がもの置き場になってて思わず笑っちゃいました。
aozora090203_5.jpg


※文面をほんの少し修正しました(2009.02.27.)
    19:39 | Top
 
15
 
1月24日(土)

この日は仕事が休みのダンナさんと現場入り。またまたK氏とプチ打ち合わせがあったのでした。

aozora090124_3.jpg
K氏より先に到着したので、一通り見て回るダンナさんです。
私は平日の昼間に行動できるけれど、彼はどうしたって会社が休みの日しか来れません。
なので来る度に変化している現場に毎回驚くみたいです。
もちろん私が現場に行った日は「今日はね、こうこうこうなってたよ、これがその写真ね」と、言葉と写真を見せて都度報告してるんですよ?でもやっぱり言葉と写真で見るのと実際に肉眼で見るのとでは受け取る印象が違うみたいです。

そして彼は、こうして一通り見た後、あれこれ注文つけるのでした・・。
それをK氏やH氏に伝えて、できますか?と確認し、お願いします~!とお願いするのが私。
・・いいんです、自分たちの家なんだから二人三脚でガンバルのです。

この日も脚立に乗らなくちゃ届かない位置の、いずれ壁になる部分を下から仰ぎみて、
「あの辺にポイントになるような小窓があったらどうだろう?」と言いざま脚立に上り、「この辺ね」と説明しだしました。
「あ、うん、じゃあ、できるかできないか聞いてみるね」と言いつつカメラを構える私。
だいたいいつもこんな感じです。
(この日はK氏と別件でプチ打ち合わせだったので、小窓についてはその場で相談したんですけどね。)



余談はさておき。
引き続き天井貼り、そして天井が終わったところから壁へと作業は進んでいます。

aozora090124_2.jpg
ここの天井はまだ貼られてないけど、近々でしょう。

aozora090124_4.jpg
お風呂場はいつの間にか壁まで進んでました。


プチ打ち合わせを終えた後、K氏に挨拶して帰ろうとなったのだけど、あれ?K氏がいない。
どこ行っちゃったの??と探して外に出てふと上を見たら、屋根の裏側の作業中でした。
aozora090124_5.jpg
ひ~、高いです~~!
気をつけてくださいねーーー!



-----


1月29日(木)

いろいろ立て込んでたため、久しぶりの現場入りでした。


現場に着いてみると、玄関枠がついたことで玄関にビニールシートが掛けられてました。
aozora090129_1.jpg
よくよく見ると、玄関枠が嵌るまで控えられてた断熱材もきっちり貼られてます。
こうなってくると印象がより一層家っぽく感じますね。


さて。いよいよ天井が大詰めです。

aozora090129_2.jpg
ここも終わってます。

aozora090129_3.jpg
ここも。

aozora090129_4.jpg
ここも。
おおよそ天井は終わりが見えてきたっぽいです。


だって足元を見れば・・
aozora090129_5.jpg
これはもしや床材では!?
ということはいよいよ床が始まる・・ということでしょう?ひゃ~。


1階に下りてみると、棟梁が別の作業をしてくださってました。
配管を壁の中に収めるための作業みたいです。
aozora090129_6.jpg
見れば2階からの配管が1階の天井裏に収まってます。
・・なんだか不思議な感じです。
    20:28 | Top
 
14
 
またまた更新に間が・・(汗)。
・・がんばります。


-----


1月21日(水)

この日はちょっとした確認事項のために現場へ。
すると前回の記事で棟梁とK氏とで設置していた玄関ドアの枠は、少し微調整が必要なようで、棟梁がその調整をしてくださってました。
aozora090121_2.jpg

そのほかはそれほど大きな変化はない感じでした。


-----


1月22日(木)

連日の現場入り。
この日はH氏とキッチンの打ち合わせです。

・・の前に。
今まで特に記事にはしてなかったのだけど、ここ、このスイッチやらコンセントやらの設置場所に変化がありました。
aozora090122_1.jpg
縦に4つの器具が設置されてます。
ここは最初、縦に3つ並んでました。
そこへお風呂のスイッチ(本当は何ていうんだろ、スイッチでいいのかな?それともモニター??)も仲間入りさせました。
実は当初、お風呂のスイッチは別の場所に設置されるようになってました。しかしそれがなぜここに・・?という位置だったんです。なので慌ててK氏に連絡してここに変えてもらったのでした。
確かにスイッチ類が4つも並ぶのはいかがなものか・・と思わなくもないのだけど、他にいい場所がないんです。なのでここにしました。
移動させる作業ですが、すでに配線した後のことで次の作業の天井貼りが進んでいたので少々やっかいだったみたい。
でもこの先、壁が出来てきちゃったらもっと移動できなくなる!と思ったので、今しかない、とお願いしました。
願いを聞いてくださりありがとうございました、電気屋さん。


そしてこの日の本題、H氏とのキッチンの打ち合わせです。
こっちにコンロがきて~、ここにシンク~。このあたりにごみ箱を置いて・・
奥行きはこのくらいになるかな、ちょっとその辺に立ってみて、どう?
・・といった会話をしつつ、決めました。
床に印をつけてもわからなくなるので、端材を置いて確認です。ふむふむ。
aozora090122_3.jpg

水栓の位置はこの辺になるかな、と直接マジックで床に書き込み。
(でもこれを見ても私には何が何やら・・)
aozora090122_4.jpg
しかし、床にはビニールが貼られているので、マジックで書いたこれもすぐに擦れて消えてしまったらしいです・・。


(おまけ)
高い位置での作業、ご苦労様ですー!ありがとうございます。
aozora090122_2.jpg
    19:50 | Top
カレンダー
01 | 2009/02 | 03
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
カテゴリ
プロフィール

coco

Author:coco
■l'Atelier de foyuというブランド名で作家活動をしています。布モノ、編み物、刺しゅうなどなど。詳しくはHPをご覧ください。
■おうちを建てることになったため、その記録をブログに綴ることにしました。
■ブログ内のコメント・トラックバックは閉じています。お便りはHP経由でお願いします。
■当Blogの記事・写真等の、無断転載・模倣・使用を禁じます。

Link